西脇市人権教育協議会

about-us

 西脇市人権教育協議会(市人教)は、昭和34年の結成以来、様々な差別のない、共に生きる社会の実現をめざし、教育・啓発活動に取り組んできました。

 市人教は、市内の7つの地区人教(協)と4つの部会が連携しながら、西脇市に暮らすすべての人の人権が保障され、一人ひとりが笑顔で生活できるまちづくりを進めています。「人権文化の花」が咲きほこる西脇市となるよう、これからも皆さんとともに活動していきたいと考えております。

 会長メッセージ

 西脇市人権教育協議会は、一人ひとりが尊重され、様々な人々が共に生きる社会の実現をめざし、教育・啓発活動に取り組んできました。半世紀以上に及ぶその取組の成果により、学校や地域社会、職場等における人権意識は高まるとともに、日々の生活において「人権文化の花」が咲きつつあります。

 さて、現在の社会状況を見つめてみますと、少子高齢化や経済的な格差の問題、子どもをめぐる様々な課題、男女が共に生きる社会の実現や、どんな「ちがい」があってもそれぞれが大切にされる社会の実現、国籍や民族の違いに対する悪意ある言論など、個人の尊厳が尊重されていない状況も見受けられます。市人教ではこのような現実を真摯に受けとめるとともに、西脇市の現状や、地域の問題に目を向け、地域に根ざした活動を展開していきたいと考えております。

 また、本年度より新たな地区人権教育推進組織である「黒田庄地区人権のまちづくり協議会」が設立されました。大変うれしいことであり、これまで以上に各地区、各部会、各団体がが連携し、より充実した活動になるよう、がんばっていきたいと考えております。

 市人教の活動がこれまで以上に広がり、「人権」が市民一人ひとりにとりまして、より身近で、自分のものとして感じることができますように、取組を進めていきたいと考えておりますので、今後とも、皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

西脇市人権教育協議会会長  真鍋 宣征

ページのTOPへページのTOPへ