第4回定例研修会

カテゴリー:

朝夕、日毎に涼しくなり、稲穂が実る頃となりました。田畑の上を飛ぶ夏の黄トンボは、秋の訪れを告げるように赤トンボへと変わり自然のしくみにより季節の移り変わりを感じるようになりました。

先日、9月8日(月) 塚口町公民館にて第4回定例研修会を行いました。高齢者問題の1つでもあります「認知症の方との接し方・話し方」について実技も取り入れたお話を住吉町萩原ひろみさんにしていただきました。
認知症の予防対策や人とのコミュニケーションによる会話のキャッチボールが脳に刺激をあたえ良くなっていくと教えていただきました。使ってはいけない言葉や、徘徊される人への対応の仕方なども教わり、短い時間ではありましたが、高齢者に対する理解を深めることができました。

今回のこの講義によって私たちみんなで「共生社会の実現」に向けて意識を高めていく必要があると強く感じました。

   DSC_0029

 DSC_0022