「黒田庄地区人権のまちづくり協議会」設立宣言

カテゴリー:

「黒田庄地区人権のまちづくり協議会」設立宣言

 水清き里、山青き里、黒田庄。人が集い、語り合うまち、黒田庄。歴史ある黒田庄地区においては、長年にわたり、人権を尊重し、平和を愛するまちづくりを進めてきました。その財産を受け継ぎ、地区住民の「気づきとつながり」を大切にし、一人ひとりが尊重されるまちづくりをめざして黒田庄地区人権のまちづくり協議会は、産声をあげました。

 現在、人権をめぐる問題は多様化し、女性、子ども、高齢者、障がいのある方、同和問題、在日外国人、性的マイノリティ、働く人の人権など、様々な生きづらさを持った人々に対する課題の解決に向けた取組が求められています。また、一昨年の東日本大震災は、私たちが解決しなければならない様々な課題を明らかにしました。

 そこで、黒田庄地区人権のまちづくり協議会では、西脇市人権教育協議会の推進方針も踏まえながら、住民が人権課題の解決に向け自らのこととして取り組み、一人ひとりの人権が尊重される黒田庄地区をめざします。

 また、本年4月から施行されている「西脇市自治基本条例」に基づき、様々な立場の人々が協働した人権尊重のまちづくりをすすめます。

 そして、それぞれの思いを大切にし、お互いを尊重する。それぞれが意識し、集い、つながる。そのような活動を通して、すべての住民が尊重される黒田庄地区になることを願い、ここに「黒田庄地区人権のまちづくり協議会」の設立を宣言します。

  平成25年5月30日