市外研修を終える

カテゴリー:

 重春地区人権教育協議会は、5月24日(日曜日)に市外研修を行いました。

 各町の区長、人権教育推進員の交流を兼ねて、本年度は、年度当初に開催しました。

 研修先は、岡山県の岡山市渋染一揆資料館で、見学しました。

 最初に、岡山市人権啓発センター内で、職員より渋染一揆について約1時間学び、後に渋染一揆資料館に移動して、館内の説明を受け、見学をしました。

 昼食後、倉敷市内に移動して、「美しい町並みの至る所に見える天領時代」「赤煉瓦の中に残された120年の輝きと感動」「歴史ある文化と芸術の薫りにみちたまち」を求めて、美観地区を散策しました。

 有意義な研修と交流ができました。

渋染一揆1OLYMPUS DIGITAL CAMERA