野村地区人教 第4回定例研修会が開かれました。

カテゴリー:

平成28年10月21日(金)野村町公民館において、定例研修会が開かれました。                会長あいさつで、突如おこった鳥取県を震源とするM6弱の地震の安否と                       今月、来月と各区の人権学習会のお知らせがありました。                                                 今月の「 研 修 」
講演 「人権の歴史 」
講師  白川 智喜 先生・・・西脇小学校
太閤検地や、刀狩などによって、定まった身分は、江戸時代になってさらに強まりました。         身分は、 武士・百姓・町人 に大きく分かれました。                                「身 分」 とは、 生まれながらに決まっている。その人の社会的地位のこと。どのような 家に生まれたか・生まれた順序や性別。 個人の能力ではなく 「生まれ」 た時から 身分が決まってしまう、身分制社会、 厳しい身分による差別の中で 厳しさに耐え、生きてこられた、多くの人たち、1871年(明治4年)               解放令が発令! いろいろと多くを学び、いろいろと考えさせられました。                                                       人権の歴史を学び                                                      * 「 正しい知識 」をもつ事の重要性                                        * 「 科学的な考え方 」 の重要性                                           * 「 よりよい社会 」を創ることの重要性を学びました。